製薬営業歴10年の管理人がこの業界で働いた体験談を可能な限りお話します。

MR(医薬情報担当者)として働くということ

MRの結婚生活

MRが離婚する時:その②

投稿日:

元MR:後はどうしても転勤ですね。夫婦だけでまだ子どもがいない時なら、日本全国どこにでも行くと思うんですけども、どうしても子供ができてしまうと子供と一緒になかなか全国いろいろ飛び回れない。学校の関係とかいろいろあるので、どうしても単身赴任になってしまう。それでまたいろいろと問題が起きてくる、ということも、理由だと思うんですね。それに転勤と一緒に担当替えも結構多いんで、男は仕事として担当変わってもいいと思うんですけど、担当地区が変わるということによって、奥さんも周辺との付き合いとかそういうのが全部変わってきちゃうんで、疲れてくるんで・・・だんだん奥さんの方がどうしてもなじめなくなってくる、2~3年ごと、4~5年ごと変わってくるとですね。

―:近所付き合いが変わってきますからね。

元MR:大手とか知ってるメーカーさんによっては10年ごとぐらいありますけど、10年後にメーカーさんが変わるっていうのは大きいと思うんですよね。まあ、異性関係の次にですけどね。

―:自分は子供の頃転勤ほとんど無くて親も毎日家にいましたけど、一回だけひと月ぐらい親父がいなかったことがあるんですけど、はっきり覚えてますからね。長かったですね。

元MR:大きいと思いますね。子どもにとっての生活もね。だからどうしても子どもが思春期とか、そういう時に出張とかばっかりになってくると色々よくないですよね。

-MRの結婚生活

Copyright© MR(医薬情報担当者)として働くということ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.