製薬営業歴10年の管理人がこの業界で働いた体験談を可能な限りお話します。

MR(医薬情報担当者)として働くということ

「後発医薬品・ジェネリック医薬品」 一覧

no image

後発医薬品・ジェネリック医薬品とは

―:薬っていうのは自社で開発した薬って言うのを売っていくわけですかね? 元MR:そうですね。やっぱ開発費が高いから、それだけのその薬の利幅もデカい。 ―:ああなるほど。 元MR:だから自社で開発できる …

no image

ジェネリック医薬品の台頭:その⑤

―:後発医薬品の状況についてはどうなのか教えてもらえませんか? 元MR:それは先発品の売り上げが大きければ大きいほど、その後発品を出せば売れるんじゃないかと思うのは当たり前で、たくさんの後発品が競って …

no image

ジェネリック医薬品の台頭:その④

―:もう一回、ピカ新って言うのを教えてもらってもいいですか? 元MR:新しい薬で、爆発的に売れている薬をピカ新といいます。 ―:ゾロっていうのは? 元MR:ジェネリックの事。 ―:ああ、そういう区別の …

no image

ジェネリック医薬品の台頭:その③

―:その特許(先発医薬品の商標)がある事によって先発会社の利益があり、その後市場が特許が切れる事により解放され、後発品が出て、先発と後発が一緒に出回るという事なんですね。その後発品の事をジェネリックっ …

no image

ジェネリック医薬品の台頭:その②

―:それ(ジェネリックの台頭)っていうのは最近できてきた流れなんですか? 元MR:以前だったら先発メーカーとジェネリックを作る後発メーカーってのが分かれていたんですけども、今はもう新しい薬も作るけども …

no image

ジェネリック医薬品の台頭:その①

―:でも業界を見てるとやっぱりジェネリックとか後発医薬品の存在感は年々大きくなって来てるような気がします。 元MR:それを説明する前に、なぜ医療費は増大するのかっていう問題があるんですけど、医療の現場 …

Copyright© MR(医薬情報担当者)として働くということ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.