製薬営業歴10年の管理人がこの業界で働いた体験談を可能な限りお話します。

MR(医薬情報担当者)として働くということ

MRの結婚生活

MRが離婚する時:その①

投稿日:

―:離婚っていう凄い恐ろしいテーマが出てるんですけど、……なぜ?

元MR:そうですね。これ、時代とともに今離婚率も増えていると思うんですけれども、僕が、この業界に入った時点で思ったのは、その会社ですね。中途で入ってはいたんですけど、周りをパッと見て離婚している人が多かった。その会社に限った事というか、業界が結構そういう体質を持っているんだなと。

―:そうなんですか。

元MR:いろいろ話を聞いてみて、別に珍しくもないということで、見てみたら結構いるということで。数人いましたね。

―:そうなんですか。

元MR:「今は(離婚)協議中」とか、「もうちょっとやばい、あぶない」とか、そういうのも結構ありましたね。理由っていうのは、僕も話を聞いたり、いろいろ考えたりしたんですけれども、どうしても長期出張が多い仕事ですよね。地方のホテルに1週間泊まったりとか、下手すると遠くに行って、ひと月泊まりっぱなし。そういうこともあるんで。先生との飲み会も多いし、そういう関係でどうしても異性とのトラブルが・・・。

―:ああなるほど。

元MR:それがやっぱりメインだと思うんですよ。なんだかんだ言って。結局やっぱりこれが大きいと思うんですよね。

―:確かに、やっぱり監視の目がなくて、ある程度お金が自由になったらそれはそうでしょうね。

-MRの結婚生活

Copyright© MR(医薬情報担当者)として働くということ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.