スポンサーリンク
NO IMAGE 後発医薬品・ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の台頭:その⑤

―:後発医薬品の状況についてはどうなのか教えてもらえませんか?元MR:それは先発品の売り上げが大きければ大きいほど、その後発品を出せば売れるんじゃないかと思うのは当たり前で、たくさんの後発品が競って出ます。そうなると当然先発品の売り上げも下
NO IMAGE 後発医薬品・ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の台頭:その④

―:もう一回、ピカ新って言うのを教えてもらってもいいですか?元MR:新しい薬で、爆発的に売れている薬をピカ新といいます。―:ゾロっていうのは?元MR:ジェネリックの事。―:ああ、そういう区別の仕方をするんですね。元MR:先発品メーカーからす
NO IMAGE 後発医薬品・ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の台頭:その③

―:その特許(先発医薬品の商標)がある事によって先発会社の利益があり、その後市場が特許が切れる事により解放され、後発品が出て、先発と後発が一緒に出回るという事なんですね。その後発品の事をジェネリックっていうんですね。元MR:これがもし一般的
NO IMAGE 後発医薬品・ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の台頭:その②

―:それ(ジェネリックの台頭)っていうのは最近できてきた流れなんですか? 元MR:以前だったら先発メーカーとジェネリックを作る後発メーカーってのが分かれていたんですけども、今はもう新しい薬も作るけども、ジェネリックも手がけないと薬価差ダウ
NO IMAGE 後発医薬品・ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の台頭:その①

―:でも業界を見てるとやっぱりジェネリックとか後発医薬品の存在感は年々大きくなって来てるような気がします。元MR:それを説明する前に、なぜ医療費は増大するのかっていう問題があるんですけど、医療の現場サイド、つまり医療現場としては、新薬を先発
NO IMAGE MRが転職する時

MRが転職する時:その③

―:でもそんなに転職って多いんですか。元MR:外資系ってムチャクチャ待遇いいんですよ。だからどうしても行きたくなる若い新卒とか、2、3年でMR資格とか取ったやつにしてはいい会社に行きたいっていうの分かるんですよ。それだけキツいんですけど、大
NO IMAGE MRが転職する時

MRが転職する時:その②

元MR:あと担当のドクターとの約束とか、大きなトラブルがあった時とか、どうしても会社としては打撃ですからそういう事がきっかけになるし、自分の担当している中で「これだけは絶対落とせないぞ」っていうような得意先を落とした場合ですよね。会社として
NO IMAGE MRが転職する時

MRが転職する時:その①

―:じゃあ「MRが転職する時」っていうこれまた渋いテーマなんですけど。元MR:そうですね。これは一応これも僕の体験談ではあるんですけれども、2つあると思うんですね。MRが同じ業界であるけれども違う会社に行く場合、同業種で会社を変わる時ですね
NO IMAGE 印象に残った逸話・エピソード

MR時代のエピソード:その②

元MR:さっきとは別の人なんですけども、どうしてもこの仕事ってゴルフが仕事っていうこともあるんですけども、それが趣味になっていくことも多いんですけども、ちょっとお家の方に結構大きな田んぼがあって。自分がゴルフを毎週毎週それを先生としてるって
NO IMAGE 印象に残った逸話・エピソード

MR時代のエピソード:その①

―:逸話というか、面白いエピソードみたいなのはありますか?元MR:今までの逸話っていうか、ありきたりなもんですよね。例えばこういう話をこういうことがありましたっていうことで、ちょっとそれを話してみようかなと思うんですけれども、僕が知ってる某
スポンサーリンク